So-net無料ブログ作成

トップガン [旅行]

たく丸は28日から今日までクーバーのキャンプに行ってきた。キャンプ地は伊豆の修善寺で、トップガンという名前がついており、他のキャンプより2万円ほど高い価格設定になっている。本当は昨年行った御殿場キャンプに行きたかったのだが、N研の夏期講習の関係でここしか都合がつかない。高いのでやめようかと女房と話していたのだが、夏期講習でクラブの練習に参加できないこと、たく丸がどうしても行きたいということから申し込んだ。

たく丸を迎えがてら、昨日、今日で女房、えくぼんと伊豆に一泊旅行をしてきた。たく丸はシダックスが経営する「ワイナリーヒル」に宿泊しているので、同じところをとろうとしたが満室で予約できない。楽天の口コミで評判のよかった伊豆長岡の「かめや恵庵」を予約した。

朝6時に出発、いつものように三島市函南のマックで朝食を摂り、9時過ぎにワイナリーヒルに到着した。既に練習は始まっている。見学はゴール裏に設けられたスタンドのみで、遠くの方は良く見えない。御殿場時之栖のように、グラウンド一周どこからでも観戦できるようになっていればよいのに。

女房は見学に来ているおかあさんに話しかけ、情報収集。一人は三菱養和清瀬のメンバーでヴェルディのスクールにも通っているそうだ。夏はヴェルディとクーバーの御殿場キャンプに参加しており、これが3つ目の合宿らしい。中学受験も視野に入れているそうで、現在のサッカー漬けの毎日からどうやって受験モードにシフトしていくか思案中だという。うちもそうなんだよなぁ。もう一人は熊本から来たという双子のおかあさん。クーバーは鹿児島キャンプに続き、2回目だそうだ。お金がかかってるね。高いので今年はキャンプをやめようかといってたうちとはえらい違いだ。もっともこの3人は、合宿最終日に5人ほど選ばれるMVPを獲ってたので別格なのかもしれない。

午前の練習を見て、修善寺温泉までそばを食べに戻る。行こうと思っていた「おくら」は貸しきりだったため、向かいの「禅風亭なゝ番」という店に入る。おやじはてんぷらそば、女房とえくぼんはざるを食べた。車酔いで食欲がないと言ってたえくぼんだが、そばがでてくるとぺろり。おいしかっただって!

午後はワイナリーヒルに戻って3人でテニスをする。近所のスクールに通っているえくぼんは大分上手になってきた。おやじや女房とふつうにラリーできる日は近いかも。

夕方ミニゲームの優勝チームとコーチたちのエキジビションがあった。しっかり見たかたく丸。ファーストタッチの正確さ、フェイント、ターン、パスの技術の完成度、あの狭いピッチでスペースを見つけ、フリーになる技術、目に焼き付けておけ、たく丸よ。

クーバーディレクターのトム・バイヤーがいい。子どもたちが相手でも真剣だ。昨年のキャンプでは、暑い中、顔を真っ赤にして点を取りまくっていた。子どもたちに本当の技術というものを間近で見せて欲しい。

夕方になって降り出した雨の中、かめや恵庵に向かう。評判どおりいい宿だった。まず従業員の対応がよい。風呂はおやじが大浴場、女房とえくぼんは貸しきり露天風呂に行った。大浴場は標準的な広さだと思うが、18:30に行ったところ貸切状態でゆっくりできた。露天風呂もよかったらしい。周りに足湯が設けられており、そこもよかったそうだ。特筆すべきは夕食だ。メインの料理を選べるコースで、3人であわびの踊り焼き、さざえの磯焼き、伊豆牛のステーキを選択したがどれも美味だ。女房とえくぼんはステーキがお気に入り、おやじはあわびも捨てがたいな。夜、従業員の方が趣味で飼育している蛍を見せてもらう。えくぼんは多分初めて、女房とおやじはなつかしい思いだ。子どもの頃、夏休みの帰省で蛍狩りをしたのを思い出した。朝食の素材は標準的だが、調理に一ひねりあり。伊豆長岡は家族で訪れる温泉ではないと思っていたが見直したね。

翌日、たく丸を拾って帰途につく。ちょうど昼だったので、昨日いけなかった「おくら」に寄ることにする。ところが、あいにく定休日だ。ついてないね。「朴念仁」にも行ってみたいのだが、駐車場がない。めんどうなので、昨日と同じ「禅風亭なゝ番」による。今日もおやじはてんぷらそばで、女房とえくぼんはざる。車中、クーバーでもらった弁当を食べていたたく丸もざるを頼み、「全部は無理なので、半分食べて」という。どんとこんかい。ところが食べ始めるとぺろり。もう君たちの「食べられないかも知れない」は信用せん。

帰りの車でたく丸が「今度の練習でみんなびっくりするだろうな」と言う。なぜと聞くと、「合宿に行って僕とM君があまりにも上手になったから、それを見てみんなびっくりすると思うんだ」
何たる自信!恐るべき能天気!!でも運動選手にとっては大切な資質だよな。少なくともこの一点に関しては君も一流選手の仲間入りだよ。


夏期特別講習テスト④ [中学受験]

結果はこの4回のテストの中で見ると、突出して良いものも悪いものもなく平均的だ。4回のテストを通して見ると、共通問題に比して応用問題のできが悪くなるという、カリテと同様の傾向を示し、特に算数でそれが顕著になる。ちゃんと考えてる?

今年の夏期講習は長かったような気がする。えくぼんが5年生の時はもっと短かったと思うのだが、気のせいかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

Jリーグ観戦 [少年サッカー]

24日にチームで「FC東京 夏休みこどもの日」に出かけるというイベントがあったのだが、たく丸はN研があり参加できない。可哀そうになり今日、N研のテストの後、味の素スタジアムに試合を見に行く事にした。

カードはヴェルディ×アントラーズ。アントラーズは好きなチームのひとつだが、今年はこれまで優勝に届きそうで届かなかったガンバの優勝が見たい。複雑な気持ちで観戦した。

たく丸と初めてJリーグを見に行ったのは、2002年の開幕戦、小雪の舞う横浜国際競技場(日産スタジアム)だ。マリノス×レッズの試合で、上野が決めた1点を、この年ヴェルディから移籍してきた中沢の活躍で守りきった試合だった。たく丸は初めて見る応援の迫力に圧倒され、試合よりもゴール裏ばかり見ていたような気がする。まだ小学1年生のたく丸が2時間じっとしていられるのか心配だったが、その点は問題なし。その後ときどき試合を見に行くようになった。俊輔ファンのたく丸は横浜に行きたがったが、横浜は遠いし、スタジアムも見づらいので、東京か埼玉のファンになってくれないかと思ったものだ。

特に印象に残っているのは、2002年年末の天皇杯の準決勝(埼玉スタジアム)だ。黒部、松井、朴智星(パク・チソン)を擁する京都が2-1で広島に勝った試合で、特に松井のプレーが光り、たく丸は松井が好きになる。ついでに日本語の上手なエンゲルス監督も。

俊輔がイタリアに行ってからは、たく丸の好きなチームは仙台(岩本がいるから)、京都(松井がいるから)となり、清水からサントスが移籍してからは浦和に落ち着いている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

夏期特別講習テスト③ [中学受験]

22日にみんなより遅れてテストを受けた。小学校の自然観察教室のため、先週は講習を受けていないので、結果が悪いとは思っていたが、やってくれたね。

結果についてはとやかく言わないが、このシリーズでは算数のテーマが割合だったので、そこをきちんと復習できなかったのが気になる。小学算数の最大の山場、「比」の前提知識だもんね。大丈夫?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

トレーニングシューズ [少年サッカー]

トレーニングシューズが小さくなったというので、昨日仕事の帰りにたく丸と御徒町で待ち合わせる。今回も「ジュエン」の2割引券が頼りだ。たく丸はとうとうジュニアサイズでは間に合わず、25cmになってしまった。たく丸が選んだのはNIKEのTOTAL90。おやじ靴のように見えるが、これがいいのだという。どうも靴についてはおやじと趣味が合わない。2割引券を使って6千円ほどだった。

例によって「ますたに」でラーメンを食べて帰宅した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

八千代市のチームの招待試合 [少年サッカー]

昨日、今日と千葉県八千代市のチームの招待試合があった。6年生の試合で、たく丸は両日とも招集がかかっていたが、N研のテスト準備のため昨日のみ参加した。初日が予選リーグで、今日は順位リーグの構成だ。昨日は6年生の主力がFC東京のスクールの合宿の最終日で参加できず、苦しい状態だった。おやじは子どもたちの送迎を頼まれた。行きは14号を使って渋滞につかまり2時間以上かかったが、帰りは京葉道路を使って1時間少しだった。今日も同じルートを使ったそうだが、昨日ほどの渋滞はなかったらしい。

20日(予選リーグ)

会場は主催チームのホームグラウンドである小学校の校庭と、別のチームが管理している芝のグラウンドの2箇所で、たく丸たちは芝のグラウンドでの試合だった。芝は長めで、パスやボールコントロールに少し苦しんでいたようだ。

 〇 SFC戦(2-1)

印旛沼近くのチームとの対戦。たく丸は前半はトップ、後半はトップ下のポジションでプレーした。トップではズルズルと下がってきてしまう悪い癖が出てしまった。直ったと思ってたんだがな。

前半に2得点し、後半に1点返されて試合終了。たく丸は何本かシュートを放ったが、いずれも遠い、弱いで決めることが出来なかった。

 △ FCYK戦(1-1)

この会場を管理している地元チームとの対戦だ。たく丸はトップ下で出場した。風上の前半は押し気味に試合を進めるがなかなか得点できない。このまま後半になると苦しいなと思っていたら、ペナルティエリア外、左45度でフリーキックのチャンスをもらう。キッカーはたく丸、ファーポスト側のトップに合わせたボールがそのままゴールを割り、先制する。前半はこのまま終る。

風下になった後半は予想通り、押されっぱなしとなる。なんとか逃げ切ってくれと思って見ていたが、たく丸が決めたのと同じような場所でフリーキックを与えてしまい、これも直接決まって引き分けとなった。

この結果、順位はSFCとFCYKの結果を待つことになった。

 〇 PK戦(2-1)

FCYKがSFCに2-1で勝ったため、勝ち点、得失点差、総得点、直接対決で並び、PK戦で決着することになった。たく丸はキーパーに選ばれ大喜び。一人目は手に当てたものの、押し込まれてゴールを割られたが、他は二人が吹かし、残りの二人を止めて、1位抜けが決まった。


21日(決勝リーグ)

会場は主催者のホームである小学校の校庭だ。風が強く、砂が舞って大変だったらしい。

 △ NSC戦(0-0)

大会4連覇を狙う佐倉市のチームとの対戦。今日は、6年の主力も参加できた。昨日の予選リーグでは同じグラウンドで試合をしていたが、大量得点を奪って危なげなく1位通過を決めていた。よく持ちこたえたというところだろうか。


 〇 FCT戦(3-0)

帰ってきた6年生の活躍で、今大会唯一の快勝。


 〇 PK戦(4-2)

NSCも3-0でFCTに勝ったため、PK戦となる。昨日のPK戦ではインサイドで転がす子が多かったが、芝が長いためキーパーに阻まれ、二人しか決めることができず、監督に大分しぼられていた。昨日のはっぱが効いたのか、今日はみんな決めてきたようだ。


 × 決勝 NSSS戦(0-1)

この大会で決勝まで進んだのは、実に10年ぶりぐらいなんだそうだ。相手は成田のチーム。終了間際に1点を失い、準優勝という結果だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表の源流 [少年サッカー]

朝日新聞15日付夕刊から「日本代表の源流」という連載が始まった。第1回は中沢についてだ。13日の全日本少年サッカーのTV放映で、「24時間サッカーについて考え、人が遊んでいるときもボールを蹴っていれば、どんな子でも僕のようになれる可能性はある」と中沢の談話が流れていたが、高校時代を全くの無名で過ごし、それでも夢をあきらめず努力を続けた彼の言葉だけに重みがある。たく丸にも読ませよっと。

でもね、「誰でもJリーガーになれる可能性はある」というのはどうだろうか。これが医者になりたいだとか、東大で勉強したいとかなら分かる。違いは、一番が間口の広さ、二番目がトライできる年齢に、体力面で制限があることだ。間口についていい加減な試算をしてみる。

 まずは以下の数値を仮定する

  • 全国の少年サッカーチーム数 8000
    2003年の全国少年サッカー大会の参加数7800から
  • 1チームの1学年のメンバー数 15
    世田谷区の実績(55チームで5500名)を元にした。体感的にはもう少し少ないような気がしたので、気持ち減らしている
  • Jリーグチームの年間補充数 150
    1チームが毎年5人新人を獲ると勝手に仮定(多い?)し、J1、J2のチーム数倍した

これをもとに考えると、たく丸の学年には、8,000×15=120,000人のサッカー選手がおり、このうち150人がJリーガーになれるのだから、120,000÷150=800人に一人の割合になる。確率にすると0.125%、偏差値にすると80くらい。
 チームに直すと、8,000÷150=53チームに一人。東京であれば、1~2ブロックに一人Jリーガーになれる子がいることになる。

ちょっと計算が甘いような気もするが、それでも大した狭き門ぶりだね。

話を元に戻す。努力の重要性については、中沢に限らず多くのプレイヤーが口にしている。運や才能と違い自分でコントロールできるものだから、それにのめり込むのはある意味当然だとも思う。しかし、だ。他のすべてを捨て、退路を断ってまでサッカーに専念するかとなると、おやじはひるんでしまう。才能、人間関係、けがなどで挫折したとき、別の目標を設定できるだけの道具を用意しておいてやりたいと思う。

たく丸の将来目標はまだ幼稚だ(そりゃそうだろ)。サッカーについても楽しみとしてやりたいのか、真剣にやりたいのかもまだ見えない。それでも中学受験を志す以上、来年の今頃までには中学になってからの勉強とサッカーの住み分けをある程度決めておく必要があると思う。そろそろたく丸と話し合いを始めようか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

軽井沢にて [旅行]

女房の実家は軽井沢にある。9日夜からおやじは12日まで、女房と子どもたちは14日まで帰省した。実家から少し離れたところに25mプールほどの広さの芝生の庭があり、帰省した際はたく丸とサッカーをするのが楽しみだ。ふかふかで気持ちがいいのだ。2年前のゴールデンウイークにここでサッカーをした時、たく丸の蹴ったボールでつき指(なんで?→神の手)し、未だに真っ直ぐに伸ばすことができない。

10日

前夜、到着時に降っていた雨は朝になっても降り続いている。午前中は子どもたちは勉強、おやじは読書(聖の青春)。午後になり上がる。おやじは自転車の掃除、子どもたちは読書(たく丸=龍時、えくぼん=我等が隣人の犯罪)。夕方、庭に行きサッカーをする。気がつくとおやじの足に虫さされの痕が多数できている。たくまるは無傷だ。昨日、車にキャリアをつけるときに蚊がいたが、それだろうか。にしても、手伝ってもらったえくぼんは無傷だ。はて?

11日

午前中は子どもたちは勉強、おやじは自転車に乗る。コースは横川まで下って、旧18号で碓氷峠を上る40kmだ。碓氷峠は上りといっても、勾配がゆるく、快適に上ることができる。

昼は駅前の「ロコ」であってり麺を食べる。東京で食べられないのが残念だ。アウトレットを回って帰宅する。

夕方、庭に行きサッカーをする。しばらくすると虫刺されの痕が増えているのに気付く。やはりここで刺されていたのだ。でもたく丸は無傷だ。なぜだろう。祖父によると、この痕は「しょっから」という虫によるものだという。かなり痒い。

12日

足の痒みで何度か目が醒めた。その都度「キンカン」を塗って寝る。たく丸が無事なのは良いが、なぜおやじだけなのだろう?

午前中は子どもたちは勉強で、おやじは自転車で前日と同じコースを走る。

午後はみんなでテニスをする。たく丸はオスグッドが痛いので夕方のサッカーはしないという。助かった。「しょっから」対策を考えてなかったもんね。

22時におやじは帰途につく。横川から先はずっと雨だった。しかも雨脚はかなり強い。高速で車体が横にすべるような感覚が何回かあった。東京が近づくと雷もすごい。都内に入り、混雑している国道を避けるため迂回路に入ったところ、完全に水没している箇所があった。動けなくなくなっている車もある。地道に帰ればよかったと後悔するも後の祭り。なんとか無事に着くことができラッキーと感謝。


練習試合③ [少年サッカー]

昨日、今日と近所の小学校で練習試合があった。本当は明日もあるが、夜から家族みんなで女房の実家に帰省するため、たく丸は欠席だ。たく丸は足が痛いとかで、昨日、今日ともキーパーをやったそうだ。

今日と明日は千代田区のGとの対戦だ。こことは練習で何度かお世話になっている。公式戦での対戦はないが、ジュニアの段階では個人の技術に力を入れている印象がある。今日の試合を見ていても、ディフェンスのポジションであっても決してクリアをしない。すべてパスか、かわしてドリブルに行く。ジュニアユースやユースまで抱えるようなチームに、こうした育成方法を採っているケースが多いように思う。やっぱり小学生には1on1を徹底するのがいいのかなぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

いわき遠征 [少年サッカー]

夕方、おやじの実家に帰省していたえくぼんと東京駅で待ち合わせる。御徒町に寄って、ラーメン横丁の「青葉」で特製麺を食べた。店内はラーメン屋にしてはちょっと暑い。ここには初めて入ったが、大盛りが選べない。足りなきゃ隣の「ちゃぶ屋」か「六角家」をはしごせいということか。「牛角」のやみつき塩キャベツが好物のえくぼんには、「六角家」のキャベチャがよかったかも。

21:30頃、女房から「近所のGSに着いた。荷物が多いので迎えに来て欲しい」と連絡が入る。自転車で迎えに行ったが、みんな疲れた顔をしてたなぁ。明日から3日間練習試合が入ってるけど大丈夫?

帰りながら様子を聞いた。昨日が予選リーグで今日が順位戦。昨日の予選は、地元いわきの3チームと対戦し、1-0、0-1、4-0の2勝1敗で2位、今日の順位戦では1-0、0-0(10PK9)の2勝で2位パートで1位になったそうだ。昨日負けたチームは昨年の優勝チームで、今年は決勝のPKで負け準優勝だったらしい。

たく丸は昨日、今日ともフォワードをやったという。昨日は1試合目が1得点、3試合目が3得点、今日の1試合目も1得点したらしい。最後の試合のPK戦では得意のキーパーをやり、結構止めたといって喜んでいた(蹴る方は外したらしい)。スコアを聞く限り、何人蹴ったんだろう?シャワーから上がってきたたく丸を見るとあざだらけだ。これだけ大暴れすれば楽しかっただろう。

逆に女房は、昨日一睡もできなかったと言って、お疲れの様子だ。今日は爆睡して元気を取り戻してくれ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。